あわび、さざえの漁が順調 (志摩市大王町)

 

昨日は、志摩市大王町・船越(ふなこし)にございます料理旅館・ぢがみや旅館様のホームページを作らせて頂くことになり、ご訪問させて頂きました。

現在お持ちでいらっしゃるサーバーへの移転の件についての打ち合わせを済ませた後、ご主人が3時から鮑の受け取りに市場に行かれるとのことで同行させて頂きました。

船越の市場では3時の入札に合わせて、漁を済ませた男アマさんに女の海女さんが続々と船で戻ってこられました。










朝は9時すぎから、午後は1時頃から3時まで潜ってこられたそうです。

「朝は潮が速かった〜。」とおっしゃってました。








どの海女さんも大漁でした。


そして入札権をお持ちのぢがみやさんは、素早い目利きで次々に鮑を入札されました!









市場内の雰囲気は本当に和やかで・・・皆さんとてもにこやかで、
立ち合わせて頂けて良かったです。



ぢがみやさんの今日の買付けはご覧の通りです!
この中から幾つかを「持っていき」と言ってくださいました。

「えー。そんな・・申し訳ないからいいです。」って本気で遠慮していますと
「いや関係ないねん。」 って、なんだかぶっきらぼうな中に温かさがこもった言葉だなーって。ほんとに気のいい人との出会いの連続です!

早速家に帰ってから獲れたばかりの鮑の肝をズルズル・・・っと
もうたまりませんよ!
鮑も白あわびを頂いたのですが柔らかくてコリコリと味もよく
子供たちも、食べても食べても「わさびちょうだい」って催促します。
すかさず「あわびやっちゅうねん!」と突っ込みますが仕方ないなー。
めったに食べられない食材ですから。

そんなこんなで海の恵み 有難くいただきました。ご馳走様でした。

今後、お料理の撮影など、少しでも夏の予約に効果が出るように、早急に取材を進めさせて頂きたいです。



コメント

管理者の承認待ちコメントです。

  • -
  • 2018/06/19 05:26